カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

カラーセラピー緑(グリーン)の意味 |2015年メルマガ

緑色が足りない時の心理的意味

今月はGREENです。

※「足りないから欲している時」~GREENのUNDER時でお考えください。

 

周囲に合わせ過ぎてしまい、自分の心のスペースが削られている時や、 伸び伸びとした自分らしい変化・成長が出来ていない時は、

「スペース(境界線)」「変化と成長」「本当の自分」のGREENに惹かれます。

 

GREENは「周囲との協調・調和」の色でありつつ、「本当(真実)の自分」の色。

この両者のバランスが取れていれば「リラックス」したまま、「ナチュラル」に他者や社会と向き合えます。

 

しかし、「個人」をテーマに持つYELLOWと異なり、 「全体性」のテーマを持つGREENの天秤は、「周囲との調和」の方に偏りがちです。

周囲と平和な関係を保てれば保てるほど、 GREENは均衡を崩すことに罪悪感を感じ、常に全体への理解者・もめ事の仲介者であろうと努めるようになります。

自分の意向を告げる前に、まずは相手の意向を聴く。 このGREENの「均衡感覚」「利他主義」は素晴らしい質ですが、 「本当の自分」を殺す癖がついてしまうと、結果「アンバランス」…「バランス」がネガティブになります。

 

生きている満足感や充足感を感じられず、四六時中リラックスの出来ない(スペースのない)状態が続けば、 大切に守ってきた「周囲の調和と平和」を、最終的に自らが壊してしまうことになります。

自分の中のバランスが崩れているのに、周囲とのバランスだけが上手く行くはずがないのです。

 

周囲と・自分の大切な人たちとの調和を取るためにも、 まずは「本当の自分」を思い出すべき時。

自他の境界線を引き直すべき時。

そんな時にGREENに惹かれます。

 

また、リラックスしたまま次の変化・成長を迎える時期に、必要となる色でもあります。

 

春を迎えたこの季節、もしGREENに惹かれている方がいるのなら、 「本当の自分」「境界線」「成長と変化」 を振り返ってみてください^^

 

 

 

メルマガCOLOUR通信vol62/2015年4月1日配信済み