カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

カラーセラピーターコイズ(スプリンググリーン)の意味 |2015年メルマガ

ターコイズ・スプリンググリーン色が足りない時の心理的意味

今月はターコイズ(S・グリーン)です。

※「足りないから欲している時」~ターコイズのUNDER時でお考えください。

自分の感情や気持ちの表現に滞りを感じる時、個人として何かを発信することに抵抗を感じる時、 でも、漠然とした「何か」を伝えたい想いだけがある時、 「1対多数」「インターネットコミュニケーション」のターコイズに惹かれます。


ターコイズは「個性」と「全体性」の色。

ユニークな個性を個人が確立し、各々の「個が全体」を繋げて行く色です。ゆえに、

「今の時代のコミュニケーション(インターネットコミュニケーション)」

の色とも呼ばれています。

ボタン1つで1個人が世界(全体)と繋がる…そんな広義コミュニケーションの色なのです。


ただし、「感受性」の強いターコイズは、 自分のコミュニケーションが上手く相手(全体)に伝わるのか・誤解を生んだり、誰かを傷つけたりてしまうのではないか…不特定多数が相手故に、漠然とした恐怖を抱きやすい色でもあります。

本来は「遊び心」を持ち、「自由に自分を伝達する」「柔軟性」の色ですが、 恐怖を抱いたターコイズは「滞り」を生み、自らの表現を禁じてしまいます。 内に在るものを広い世界へと流出させる「水」の流れが、自分の内部で「停滞」し「腐敗」してしまうのです。


水は「無意識」を表します。 意識化は出来ずとも、自分の中にすでに在る「創造性」や「アイディアの芽」が、 表現(流出)を禁じることで腐ってしまう…なんてこともあるかもしれません。

コミュニケーションに対し「慎重さ」「誠実」を重視するのはブルーの質ですが、 ターコイズはブルーとイエローの混色です。

イエローの質である「楽観的」「個人的」「前向き」さを意識し、 自分の「無邪気」で「自由」な表現を「気まま」に初めてみても良いのでは?と思ったりします。


最近また、「発信(ブログなど)が出来ない」という声が多いので、 ちょっとターコイズに絡めてみました(笑)

当校で「発信できない」とおっしゃる方はブルー…「正しい発信」「間違いのないように」 にとらわれている気がしますので、ターコイズ(スプリンググリーンでも可)のエネルギーを借りると良いかもです☆


カラーセラピーで「表現」が関わる色はブルーとターコイズですが、段階としては、

1) 第4チャクラのブルー=「1対1のコミュニケーション」「内に在るものを言葉で出す」

から始めると良いかと思います。

1対1だからこそ、誠実で真摯な言葉で「自分の気持ちや想いを相手に伝え」「相互理解する」ことにまず馴れ、 次の段階で、

2) ターコイズ=「1対多数」「インターネットコミュニケーション」

不特定多数の相手に(不特定多数だからこそ)

「自分の発信をどう受け止めるかは、相手に委ねる」

そんな「気ままさ」「無邪気さ」「自由さ」を駆使して頂ければ、無理なく発信できるのではないかな~と思ったりします^^



メルマガCOLOUR通信vol67/2015年9月1日配信済み