カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • センセーションカラーセラピー東京
  • オーラライト
 · 

フェイバー・ビレン Faber Birren

フェイバー・ビレン
フェイバー・ビレン IACC資料より

 

フェイバー・ビレン(1900~1988)はカラーコンサルタント、カラーセラピストのみならず、色彩心理学に関わる全ての人に広く知られている色彩学の権威です。

 

シカゴの画家の息子として生まれたビレンは、シカゴ大学で美術教職のために色彩学を学び、色彩の奥深さに魅了されます。

 

1934年、彼はシカゴの事務所で「カラーコンサルタント」と名乗りはじめました。

 

世界で初めて、「カラーコンサルタント」を個人・企業・政府を対象としたプロフェッショナル(職業)として確立したのです。


フェイバー・ビレンの功績

 

カラーコンサルタントに求められる知識は多岐にわたります。

「色彩心理」を元に個人の心理から環境心理(個人住宅・公共施設、企業の環境色彩計画)、商品のパッケージデザイン、企業のコーポレートカラーなど、人間の世界すべてがコンサルティングの対象になります。

 

ビレンは、生理学、美学、心理学、人間工学、倫理学、経済学…「色が人間社会と個人の心理に与える影響」のために幅広い知識を活用し、多くのカラーコンサルティングを行い、研究実績・功績を残しました。

 

 

 

1,000名中46人が事故を起こしていた工場は、ビレンが色彩環境を整備したことで6人の事故者に軽減することができました。

 

破壊性の高い青少年が収容されているメンタルヘルスセンターでは、通路・カフェテリア・休憩室など用途に見合った色で環境を整えました。

特に病室は、収容者の年齢に応じたカラーが選択されました。

6年以上にわたるモニターの結果、収容者の破壊行動が激減し、スタッフのモラルも向上しました。

 

ビレンは大企業であるデュポン社、ゼネラルモータースをはじめ、多くの工場やオフィス、学校やン病院、精神病院から陸・海・空軍まで、アメリカ国内に限らずヨーロッパにまで活躍の場を広げました。

 

 

ネットではカラー系の方が書いた、

「セブンイレブンのコーポレートカラーをコンサルティングしたのはビレン」

的なブログ記事が見つかりますが、おそらくビレンの著書を多く翻訳している佐藤邦夫氏の、

 

 

オレンジ色系統に最大の味覚訴求力があることを検証し、それが「セブン・イレブン」のCIカラーに採用されたことでも有名である。

  

この記述が由来だと思います。

 

「セブンイレブンのCIカラーをビレンがコンサルしたなら、(皆さんが)親しみやすくていいな~」

 

とわたしも思うのですが、7-Eleven, Inc.とビレンの関係を調べても

「ビレンがセブンイレブン(アメリカ)をカラーコンサルティングした」

という記録が出てこないので、個人的には言い切るには躊躇があります。

(佐藤氏も「ビレンがセブンイレブンをコンサルティングした、とは明記してないので、参考にした程度かもしれませんし…)

 

※セブンのCIカラーは、1946年アメリカでの営業形態が7時~11時(23時)になり社名を「7-eleven」に変更した時にきまったようで、公式では「7時=レッド~朝日」「11時(23時)=オレンジ~夕焼け」「グリーン=砂漠のオアシス」と説明されています。

 

>>参考までに☆→「色彩のみからなる商標が、日本で登録第1号」

 

セブンイレブンはさておき、カラーコンサルティングは「環境」だけではなく、企業イメージのコーポレートカラーの提案から、商品のカラーマーケティング・デザインまで行いますし、ビレンも多くのCIカラー、商品デザインを手がけています。

 

 

 

入手可能なフェイバー・ビレンの著作

 

「好きな色嫌いな色の性格診断テスト」

フェイバー・ビレン 著

佐藤邦夫 訳

青蛾書房

 

カラーセラピー総論でも登場する、フェイバー・ビレンのカラーテスト。

 

講座中もご紹介していますが、「カラー○○」を名乗るならフェイバー・ビレンの著作を1冊くらいは持っているべきです。

カラーセラピストにも必須のお勧めの1冊です。

 

 

「ビレン 色彩学の謎を解く」

「ビレン 色彩心理学と色彩療法」

フェイバー・ビレン 著

佐藤邦夫 訳

青蛾書房

 

※いずれもAmazonで簡単に入手できます。


カラーコンサルタント養成

 

1957年に設立され、当校でも開講している、

>>IACC(国際カラーコンサルタント養成/ハインリッヒ・フレイリング博士)

のカリキュラムにフェイバー・ビレンも自身の研究成果を提供しています。

 

多くの著作や論文を残したビレンですが、彼の研究データや理念はIACCの各セミナーにも息づいています。