カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • センセーションカラーセラピー東京
  • オーラライト
 · 

マズローの欲求段階説(人間性心理学)

 

アブラハム・マズロー(1908~1970)は人間性心理学の第1人者です。

行動主義心理学者の大学教授として活躍しますが、自身の結婚・子の誕生などの経験を経て行動主義心理学の限界を感じ、1962年アメリカで「人間性心理学会」を設立・会長として就任します。

 

ロシア系ユダヤ人としてアメリカのスラムで生まれ育ったマズローは、ユダヤ人の少ないコミュニティの中で幼少期を過ごしました。

青年期の孤独感と絶望、その後の恋愛の成就と結婚など、マズロー自身の人生経験は欲求段階説そのものといってもいいでしょう。

 

「自己実現論」「欲求段階説」を研究し続けたマズローの研究は、ニューエイジゃーや後のトランスパーソナル心理学に大きな影響を与えています。

 

 

わたしたちの幸福追求(欲求)には段階があります。

まるでピラミッドを積み上げるように、下の優先的な欲求が叶うと1段上の欲求へと階層が積み上がるのです。

下層4層が安定すると「自己実現欲求」が表れます。

 

 

欲求段階説

マズロー欲求5段階説(6段階説)

 

1)「生理的欲求」

食欲に代表される、生きるために基本の欲求。

 

2)「安全への欲求」

戦争や災害などに合わず、安全に暮らす欲求。

 

3)「所属と愛情の欲求」

家族や仲間、コミュニティなど居場所への欲求。

 

4)「承認欲求」

人から評価されること・自尊心や名声など。

 

5)「自己実現欲求」

マズローの晩年、自己実現欲求は2段階に分かれ、「欲求五段階論」から全6段階に。

 

 


「欠乏欲求」と「成長欲求」

 

マズローの欲求段階説はフレームワークとしての汎用性が高く、ビジネス心理・マーケティング心理、カラーセラピーのチャクラバランス・リュッシャーの4ベーシックカラー…多方面に活用されています。

 

 

マズローの「欠乏欲求」とは?

 

・「生理的欲求」「安全欲求」「愛と所属の欲求」「承認欲求」の4つの欲求は、満たされないと「欠乏感」を感じます。

生きるため最低限必要なものや安全を手に入れ、所属や居場所を維持でき、周囲からの評価を手に入れる…これらは人間の基本欲求です。

 

・この4つの欲求が満たされ・安定すると「自分の潜在能力を生かしたい・活用したい~自己実現欲求」という上2つの「成長欲求」が表れます。

 

 

 

マズローの「成長欲求」とは?

 

 

【自己実現欲求】

「自分の潜在能力を生かしたい」という欲求。

絵を描くのが好き・上手い方は絵を描くことで自己を実現します。家庭を守り子を育てるのが好きで得意な方もいるでしょう。

 

【自己超越欲求】

「自己を超越した大いなるものと繋がる」欲求。

個人的にはコレを入れない方が好きなんですけど(笑)、いわゆる「至高体験」…自己実現を果たした結果、自分の潜在能力を「大いなる何かからの授かりもの」と気づき、宇宙との合一・神秘体験などを果たす段階です。

 

 

次に、カラーセラピーのチャクラバランスと比較してみてみましょう。

 

人間性心理学とチャクラバランス

マズロー欲求段階説

カラーセラピーチャクラバランス

※基本6色を使用パターン


 

マズローの段階説では「下からの積み上げ」には時間をかけ、安定した土台を作ることが望ましいとされています。

欠乏欲求段階が不完全だと、上から下に一気に転がり落ちることもあるのです。

(急激なサクセスを手に入れた人が、あっという間に失脚したりしますよね~)

 

カラーセラピストとして…

 

カラーセラピーでは、ヨーガのチャクラ概念と人間性心理学を合致させ、

・「今、どこにいるのか」(どこまで積み上げているのか)

・「そして、どこへ行こうとしているのか」

クライアントの心理・精神の成長・発達段階のバランスを見るために、チャクラバランス(色のバランス)を用いています。

 

 

チャクラはヨーガの概念です。

ムーラダーラチャクラに眠るクンダリーニを目覚めさせ、基底チャクラからサハスラーラ(頭頂)まで「下から上に」エネルギーを上げ、身体的・精神的・霊的成長を目指します。

※ただしヨーガには身体重視、精神心理重視、霊的重視など宗派がたくさんあります。

 

マズローは「人間性心理学」として人間の欲求段階を唱えています。

生理的欲求に始まり、生きるに最低限必要な欲求を「下から上に」積み上げ、自己成長段階に至り「自己実現」を果たします。

 

 

古代インダス文明とアメリカ。接点がなさそうに感じる2つの概念ですが、ニューエイジゃー達は、

・下から上にあげる。

・順を追い、精神的、霊的な成長を目指す

という類似点を見出したのです。