カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー東京
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

「色彩象徴~カラーシンボリズム」カラーセラピスト勉強会2018年カリキュラム

色の意味を深める-2017年カラーセラピスト勉強会

シンボリズム(色彩象徴)

 

ご要望の多かったシンボリズム~色の象徴性~講座です。

 

1)基本連想物→自然物の意味が、色のイメージとして受け継がれる

2)人類に「概念(信仰や神)」が生まれる→「概念」に形を与えるために「色」と「形」の象徴を記録・伝承し始める。

(赤は血の色・戦いの色→「戦神マルスの赤」「勝利の赤」「火星の赤」など)

 

上記の1) と2)がミックスし、特定の国・宗教・思想の中で「色彩象徴」が受け継がれていきます。

※1)の部分は「カラーセラピスト勉強会2015~自然の色・基本連想物

3)1と2を受け継ぎ、治世者が「色彩規定」を定める。(正規の記録に残る色の規定/「冠位十二階」など)

 

 

 

「カラーのストーリーは、ほぼ文明そのもののストーリーと同じである」  フェイバー・ビレン(1963)

 

勉強会では、原始から紀元前のシュメール、メソポタミア、エジプト神話から一神教各種、アジアの多神教(ヒンドゥ、仏教)、ビザンツからルネサンス、日本画などの美術史など、世界各地のさまざまな時代に生まれ、受け継がれた色彩象徴世界の一端をご紹介します。

 

 

ルネッサンス以前、色は美学(芸術)ではなく神秘的で魔術的なものとして扱われていました。

 

色彩象徴とカラーセラピーの色の意味は同じ?

 

広義の「色彩象徴学」と、狭義…カラーセラピーで学ぶ「色の意味」は厳密にいえば違います。

 

文化史そのもので無限にある「色彩象徴」の中から、

・「心理分析」をするに適した色彩象徴をピックアップし、各色に「特徴」を与えているのがカラーセラピーの色の意味

と考えていただくと良いかもしれません。

 

 

【誰かピックアップしたの?】

 

「カラーセラピーはイギリス発祥」と冒頭でお伝えしているように、キリスト教、ユダヤ教、ケルト神話などの色彩象徴を「当たり前に知ってる」イギリスで「カラーセラピーの意味」はピックアップされています。

>>カラーセラピーとはなにか?

 

日本は固有の宗教意識が低いせいか、宗教儀式のたびに色彩象徴を目にする・理解する機会が少なく、(日本の/世界の)色彩象徴を「当たり前に知ってる」方はまだまだ少ないです。

 

ゆえにカラーセラピーの「色の意味」を熱心に学ぶほど、「色彩象徴」の壁にぶつかるようです。

 

 

 

 

ブルーのマリア(ピエタ)
ピエタ

 

テキストにも「ブルーはマリア、イブ、イシスの色」と記載されています。

 

 

「マリア」→「母性」「慈愛」「処女受胎(誠実・清廉)」「悲しみ」「悲嘆」

 

など「マリアという象徴」から「カウンセリングに用いる言葉」にイメージを展開することが求められますが、カラーセラピーの講座内で「マリアついて」長々と話す時間はありません。

  

「マリア(キリスト教)」「イブ(旧約聖書)」「イシス(エジプト神話)」

 

各国・各思想・各宗教の色彩象徴がちりばめられているのが、「カラーセラピーの色の意味」なのです。

 

 


色の経験ピラミッド

 

人類に共通する色の意味(色彩心理)は、

>>リュッシャーカラーテスト

の領域です。(ロジック)

 

色彩象徴は地域性の強い・文化的な色の意味です。

 

・身体や顔に色を塗り、人間が何を祈り・願い続けてきたのか。

(その願いや祈りが「色の意味」として受け継がれる)

 

・概念(信仰や宗教)を伝承するために、どのような色を・どのような神々のシンボルとして崇め続けてきたのか。

(これも「色の意味」として受け継がれる)

 

 


 

 

「戦いの神の色」という抽象概念を、「赤」で象徴・伝承しても、

・その国・エリアで「赤の顔料」が採取できないと「色味」は伝承できません。

・古代に残された「赤」の顔料が、現代人のわたしたちには「オレンジ」に見えたりもします。

・概念も「形のない曖昧なもの」ですが、「色の認識も曖昧なもの」だからです。

 

この講座は「カラーセラピスト」勉強会ですので、カラーセラピストが応用しやすいように「12色の枠」で振り分けています。

 

本格的に「色彩象徴学」「色彩史」を突き詰めたい方は鉱物史・顔料&染料史・言語学などご自身で深めてください。(カラーセラピーからは遠ざかりますが面白いですよ☆)

 

 

ちょっとマニアックな講座ですが、

 

・トリコロールやオーラライトなど象徴性を多用するシステムのカラーセラピスト

・他、占い系も扱っている方

・色の奥深さを知りたい方

 

などは知識がどんどん繋がって行きますので面白いと思います。


2011年開催したカラーシンボリズム講座リメイクです。  

カラーシンボリズム 2011/2.16更新

滾る血になれば、強さや勇者になるし、流される血になれば犠牲から災いまで。火星はREDですが、軍神Marsでありながら、火星の2つの衛星はフォボスとディモス・・悪魔です。そうなると、トリコロールの堕天使とかの意味合いがわかってきますね …>>続きを読む


東京・品川のカラーセラピーサロンホワイトターラトップページ
カラーセラピーサロンホワイトターラお問い合わせフォーム

ColorとColors

 

今年は最後に「国旗」を入れました。

 

古くは神の所在を棒と布(印)だったものが、抗争時に敵味方を見分ける識別の色になり、部族・軍隊・王朝を象徴化する「幡」「旗」になりました。

 

現代では「国のアイデンティティやイデオロギー」を国旗の色(とデザイン)が象徴しています。

 

「概念の象徴化」ですから、日本国旗の赤・中国国旗の赤・旧ソ連国旗の赤…「赤がシンボライズする意味はそれぞれ異なり」ます。

 

太陽の赤・革命の赤・独立戦争で流れた犠牲の赤・社会主義の赤・共産主義の赤…同じ赤でも、

「その国のアイデンティティ~歴史・文化・宗教・思想」

により異なる象徴を持つのです。

 

…国旗は戦争や侵略された記憶にも直結するので、国旗の是非はさて置いて(笑)

 

国旗は英語で、まさに「COLORS」なんですね。(FLAGSでも通じますが)

 

「人と色の文化史」は、現代も継続中であることをご理解いただけると、色の世界の面白さ・奥深さ・可能性に胸がときめくと思います。

 

 

 

※狭義で言えば企業のコーポレートカラーや商品のパッケージデザインの世界ですね。色彩象徴はカラーセラピーのみならず、カラーコンサルティングにも必須の知識です。