カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • センセーションカラーセラピー東京
  • オーラライト

カラーセラピーとはなにか?

 

ボトル型カラーセラピーシステムは、1980年代イギリスでスタートしました。

 1984年 オーラソーマ(オーラソーマは「カラーセラピー」とは自称しませんが)

 1991年 オーラライト

 1996年 アヴァターラ

これらが「英国式カラーセラピー」と総称されるシステムです。その他のシステムは(基本的には)これらのシステムコンセプトをピックアップし・独自性を加え創作されています。

  

CONTENTS

カラーセラピーの歴史

自然の色・カラーセラピーの色

 

【始まりはシャーマニズム】

1)古代から人類は「太陽の光」や「虹の色」が自分たちの心身によい影響を与えると知っていました。

 

日光浴や身近な自然物(植物や鉱物など)の色など、光と色を「治療・処方(ヒーリング)」として人間に取り入れる歴史が始まる。

>>「ルネッセント」「インティライト」などのライトセラピー(カラーヒーリング)

 

【自然物の色のイメージの象徴化】 

2)その後、思想や宗教で「光と色の象徴性(シンボル)」が活用され始める。

 

聖母マリアのローブは「青」→「青は聖なる母性の色」など、カラーセラピーの「色の意味」は主にこの色彩象徴をベースにしています。

>>カラーセラピーの色の意味と色彩象徴

 

【心理学・精神分析の誕生】 

3)19世紀、「心理学」「精神分析」が生まれます。

20世紀「色彩心理」/「心を計測するスケールとして色を用いる」各種カラーテストが作られます。

>>リュッシャーカラーテストとはなにか?

 

4)20世紀、1),2),3)全てをコンパクトにシステム化した「カラーセラピーシステム」がイギリスで生まれます。 

 

 

 

色は光

「COLOR=LIGHT」

すべては「光」から始まりました。

なので、カラーセラピーは「グラスボトル」を用い、色に光を透過させます。

 

【神秘(宗教)的に考えれば】 

一神教では「LIGHT=GOD」。神は光に象徴されます。

光はわたし達人間を含む万物を創造した「神そのもの」なのです。 

わたし達が自分の手で「色(光)」を選ぶ。

 それは、

自分の内側の「光(神)」と自分の意志で出会うことでもあるのです。

 

 

【精神分析的に考えれば】

80年代に英国式カラーセラピーを創始したニューエイジャーはユング自己実現論や人間性心理学の影響を多大に受けています。

自分の内なる光と出会うこと。

内なる光を外に放出すること。

カラーセラピーは自分の内に在る個性や才能を知る「自己認識」と「自己成長」をうながすためのツールなのです。

 

 

どのようなカラーセラピーがあるのか?カラーセラピーの種類

 

「カラーセラピーを学びたいけど、種類が多すぎてわからない」「どんなシステムが自分に合うか選べない」

当校も現在9種類のカラーセラピーを教えていますので、上記のようなご質問を受ける機会は多いです。

 

「カラーセラピー」は、

・シャーマニズムから色彩象徴学、色彩心理学、精神分析すべての影響を受けています。

・ゆえに、各カラーセラピーシステムのコンセプトにより、「精神分析寄り」「シャーマニズム寄り」などの特徴があります。

 

心理分析要素が強いカラーセラピー

精神分析寄りのカナダ式センセーションカラーセラピー

>>センセーションカラーセラピー

 

10色を使用。メインで使用する象徴はチャクラのみ。診断手法はリュッシャーキューブテストにかなり近く、シンプルに「基本性質」「今の状況」「望む自分」を読み解きます。精神分析寄りのシステム。はじめてカラーを学ぶ方にはお勧めです。


象徴性と色彩心理のベストバランス・英国式オーラライトカラーセラピー

>>オーラライト

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。タロット・数秘なども用いますが、色彩心理・カラーテスト寄りの創始者トニー・クーパーの意向で分析的要素も強い。象徴性と心理分析のベストなバランスを持つカラーセラピー。


「今の問題」を重点的に読む英国式アヴァターラカラーセラピー

>>アヴァターラ

 

15色を使用。ベースに流れるコンセプトはかなりスピリチュアルですが、実際のリーディング手法は「色の分解」を行ったり、「今現在」を重点的に読み解きますので割と分析的な要素が強い。


※他、リビングカラーCRRなどもこのグループにはいります。

 

 

象徴性を多用したカラーセラピー

神智学など象徴性を多用したセンセーショントリコロール

>>センセーショントリコロール

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。五行思想から、神智学まで網羅した3層ボトルのトリコロールは、「色の意味性」のみならず、ボトル名の象徴性や五行サイクルの象徴性など、比較的神秘的な要素が強いシステムです。上級者向け


四元素・錬金術など象徴性を多用したフレイムカラーセラピー

>>フレイムカラーセラピー

 

15色を使用。四大元素+プリママテリアでの色の区分けや錬金術思想への理解など、エンペドクレス・アリストテレスからヘルメストリスメギストスまで多様な思想・象徴世界が組み込まれています。


カバラなどを取り入れサトルアナトミーを重視するオーラソーマ

・オーラソーマ

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。タロット・カバラ(生命の木)・サトルアナトミーまで。現在は「色と心」よりプロダクツのエネルギーとサトルボディの変容の方が重視されている気が。。

※当校では現在扱っておりません。


※他、カラーミラーなどもこのグループに入ります。

 

 

東京・品川のカラーセラピーサロンホワイトターラトップページ
カラーセラピーサロンホワイトターラお問い合わせフォーム

カラーセラピー無料診断~色と心の関連性

気になる色をクリックしてください。

カラーセラピストになるということ

 

服やインテリアを選んでいる時、ふと、

「あれ?最近妙にこの色ばかり選んでいるな…」

「あれ?昔はこの色嫌いだったのに…」

と「自分が選ぶ色」に意識が向くことがありませんか?

 

また、お友達と会った時、

「あれ?珍しい色を着てるね」

という会話をしたことはありませんか?

 

 

「惹かれる色」「気になる色」には意味があります。

赤い服を着たい時、青い服を着たい時、同じ気分ではありません。その色を手に取る「理由」はちゃんとあるのです。

日常の中で「普段と違う色を手にする自分」に気づいた時、人は「色」に意識が向くのではないかと思います。それは、

「今までのわたしと、違う心境・変化が来た」

そんなシグナルです。

 

そのシグナルを紐解けたら楽しいと思いませんか?何気ないカラーチョイスの中に隠れた「自分の心の変化」を知り、人生に生かしたいと思いませんか?

 

カラーセラピーを学ぶと、

・カラーセラピーシステムのセラピストや講師としての認定資格を得ることができる。

カラーセラピストとして、起業したり仕事に繋げることができます。でも本質は、

・色や位置の意味性を学び、自分や自分の周囲の人たちの内面を照らす

・日常を取り巻く色の扱い方を知り、人生を豊かに彩る

日々に生かす知識や智慧を得ることなのです。

 

 

センセーショントリコロールカラーセラピストは人生の流れを読み解きます
「色」を学ぶのではなく「色を通した心」を学びます
潜在意識を投影するカラーボトルを読み解く知恵を持つカラーセラピスト
色には「心(本音・潜在意識)が投影されている」のです

カラーセラピーは色彩心理学?

 

カラーセラピーを「色彩心理学」と明記している方もおりますが、カラーセラピーは「色彩心理学」ではありません。

 

もちろん「色彩心理」はベースになっていますが「青は女性性」「コミュニケーション」、「赤は男性性」「グラウンディング」などの色の意味は「心理反応」ではなく「色彩象徴」です。

 

19世紀に心理学が成立する遥か以前、

・古代より人類が「自然の色」から受け取り続けていたメッセージ

・それらをベースに「思想」「宗教」が象徴に用いてきたカラーシンボル

これらが「カラーセラピーの色の意味」に大きな影響を与えています。

(地域性や宗教・思想による多様性を持っている以上、色彩象徴は心理反応ではなく「文化史」なのです)

 

仮に「正式な色彩心理学」を学びたいのであればリュッシャーカラーテストを学ぶべきです。リュッシャーには当然、チャクラも色彩象徴もなければ、お薦めの色もカラーヒーリングもありません。 

 

 

 

カラーセラピーのカウンセリング手法

 

上のリンク先に「ポジティブに惹かれる時」「ネガティブに惹かれる時」と区分けしてあるように、本来カラーセラピーはネット診断やメール鑑定は出来ません。

 

レッドはエネルギーを感じさせる色ですが、

・「現在、レッドのエネルギーに同調している(元気な・パワフルな)人」

もレッドを選びますが、

・「現在レッドが足りず、エネルギーを欲していてREDに惹かれている(元気のない)人」

もレッドを選びます。逆に、

・「現在、レッドが過剰気味になっている(エネルギー過多~多動・焦り)人」

もレッドを選びます。

 

「選んだ色」を見ただけで「レッドが気になる?元気な方ですね」なんて断言はできません。心はそんなに単純なものではありませんし、カラーセラピストは「ご神託」を与える立場ではなく、

 

「クライアントの心の内にある(自分でも気づいていない)情報を、色を通して整理する」

 

その役割を担います。

 

「答えは常にクライアントの中にある」

 

これがカラーセラピーの大前提です。

・数多くある意味性の中で、「どの赤の意味」に惹かれているのか?

・それはポジティブな状態なのか、ネガティブなのか?

(リンク先では便宜上区分けしていますが、往々にしてポジティブ・ネガティブは混在しています)

 

 

内側にある「自分の本音(潜在意識)」を投影している「色」。カラーセラピーやカラーセラピストの役割は、色に投影されている心(潜在意識の情報)を意識化(言語化)することです。

色と形~色が表すもの

 

カラーセラピーセッションは個人的に・そのクライアントの為だけに行われるものだし、その空間でのクライアントの発言・リアクション1つ1つが「その人自身を語る」大切な情報です。

カラーセラピストの役割は、投影された「情報を引き出し」「その人だけの色のエピソードをまとめ上げる」ことです。

 

カラーセラピーは「自己認識」「自己成長」を促すサポートとなるべきものであり、ただのご神託や診断ではないのです。

 

 

 

カラーセラピストとして学び続けることが大事

カラーセラピスト養成講座では「セラピスト」になるための基本ノウハウを学んで頂きます。 

 

ただし、上記したノウハウは一朝一夕に身に着くものではありません。「資格と基本スキル」をベースに、

カラーセラピストとして実践・成長し続ける

だからこそ、カラーセラピーはセラピスト自身の個性が問われ、「自己実現」のツールにもなり得るのです。