カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • センセーションカラーセラピー東京
  • オーラライト

カラーセラピーとはなにか?

 

ボトル型カラーセラピーシステムは、1980年代イギリスでスタートしました。

 1984年 オーラソーマ(オーラソーマは「カラーセラピー」とは自称しませんが)

 1991年 オーラライト

 1996年 アヴァターラ

「英国式カラーセラピー」と総称されるシステムです。

その他のシステムは(基本的には)これらのシステムコンセプトをピックアップし・独自性を加え創作されています。 

 

カラーセラピーの歴史

 

1)始まりは原始。そしてシャーマニズム

 

アルタミラやラスコーは彩色壁画が描かれ、遺体は彩色され埋葬されました。

彼らの意図はわかりませんが、原始時代から「色と人類」は密接な関係を持っていました。

 

古代になると太陽の「光」や虹の「色」を積極的に利用しはじめます。

 

日光浴は古くからの治療法です。

植物や鉱物など身近な自然物の「色」は目で見てわかる特効薬でした。自然物の色を食べたり、肌に塗ることで「光と色」を「治療・処方(カラーヒーリング)」を行った歴史は長いのです。

 

>>日光浴がルーツの色光療法(クロモテラピー)

>>カラーヒーリングあれこれ

 

――――

 

 

2)自然物の色のイメージの象徴化 

 

紀元前には、各地域固有の思想や宗教で「光と色の象徴性(シンボル)」が活用されはじめます。

 

古代エジプトからギリシア哲学に受け継がれた四大元素や、春秋戦国時代に確立された陰陽五行など、世界各地の思想・宗教・文化に「色」の象徴が記録され始めます。

 

カラーセラピーの「色の意味」は主にこの色彩象徴をベースにしています。

 

>>カラーセラピーの色の意味と色彩象徴

 

――――

 

 

3)心理学・精神分析の誕生 

 

19世紀、「心を計測する科学」として「心理学」が生まれます。

フロイトやユングなど精神分析医が表れます。「心を投影する」投影法テストが登場します。

 

20世紀には、IACC創始者Drフレイリングフェイバー・ビレン、マックス・リュッシャー博士など著名な色彩研究者たちによりカラーテストが作られ、後のカラーセラピー登場に多大な影響を与えます。

 

>>リュッシャーカラーテスト(色彩心理学)とはなにか?

 

 

――――

 

 

4)カラーセラピーの誕生

 

20世紀後半、1)2)3)をコンパクトにシステム化した「カラーセラピーシステム」がイギリスで誕生しました。

 

 

 

カラーセラピーと光 「色は光」

イギリス式を受け継いだカラーセラピーの中身にはアロマやハーブエッセンスが入っています

 

「LIGHT=COLOR」

 

すべては「光」から始まりました。

それから人間と自然(の色)が創られました。

 

カラーセラピーのボトルの中身はオイルやウォーター。

ただしイギリス式の伝統(シャーマニズム)を受け継ぐカラーセラピーボトルの「ただの色水」ではありません。

クリスタルやアロマ・ハーブなど、古代から人間を癒してくれた「自然のエネルギー」も含まれています。

 

わたしたちは「自分に必要なエネルギー」を自分で選び、そこに「光」を透過させているのです。

 


 

【神秘(宗教)的な色と光】 

 

一神教では「LIGHT=GOD」、神は光で象徴されます。

光はわたし達人間を含む万物を創造し運命を司る「神そのもの」であり、「創造のエネルギー」の源です。 

 

わたし達が自分の手で「色(光)」を選ぶ。

 

ということは、

「自分の意志で自分の内にいる光(神)と出会い」

「自分の人生を(神に決められた運命ではなく)自分の意志で創造する」

メタファーでもあります。

  

 

 

【新しい時代~ニューエイジ】

 

80年代に英国式カラーセラピーを創始したニューエイジャーたちは、旧世代を縛った宗教的ヒエラルキーや運命論に依存するのではなく、

「誰しもが自らの意志でより自由に生きる」

ニューエイジ(新しい時代)を築こうとしました。

同時代に活躍した「セルフになる」ユングや、マズローの人間性心理学の影響を多大に受けています。

 

ボトルを選ぶ~自分の内なる光と出会うこと。

その意味を知ることで自分を知る~内なる光を外に放出すること。

 

カラーセラピーは自分が気づいていない自分の才能や可能性に気づく「自己認識」と、それらを生かしよりよく生きるための「自己成長」をうながすことが目的なのです。

 

 

>>マズロー欲求段階説とカラーセラピーのチャクラバランス

 

 

どのようなカラーセラピーがあるのか?カラーセラピーの種類

 

「カラーセラピーを学びたいけど、種類が多すぎてわからない」

「どんなカラーセラピーが自分に合うか選べない」

 上記のご質問を多くいただきます。

 

上の「カラーセラピーの歴史」にあるように、カラーセラピーはシャーマニズムから宗教、色彩象徴学、心理学、精神分析、ニューエイジャー…人間の文化の宝庫です。

 

ゆえに、各カラーセラピーシステム創始者も「心理分析寄り」「シャーマニズム寄り」「宗教的」などコンセプトを持っています。

 

> 個人セッション~自分に合いそうなカラーセラピーを受けて見る

 

 

心理分析要素が強いカラーセラピー

精神分析寄りのカナダ式センセーションカラーセラピー

>>センセーションカラーセラピー

 

10色を使用。メインで使用する象徴はチャクラのみ。診断手法はリュッシャーキューブテストに近く、シンプルに「基本性質」「今の状況」「望む自分」を読み解く精神分析寄りのシステム。はじめてカラーを学ぶ方にはお勧めです。


象徴性と色彩心理のベストバランス・英国式オーラライトカラーセラピー

>>オーラライト

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。タロット・数秘なども用いますが、創始者トニー・クーパー氏はマックス・リュッシャー博士をリスペクトしており心理分析要素も強い。心理分析と象徴性のバランスがベストなカラーセラピー。


「今の問題」を重点的に読む英国式アヴァターラカラーセラピー

>>アヴァターラ

 

15色を使用。根底に流れるメッセージはスピリチュアリズムなのですが、リーディング手法として「今現在の問題」を重点的に読み解くために、カラーセラピストとしては分析的な要素も求められるシステム。


他、リビングカラーCRRなどもこのグループにはいります。

 

 

象徴性を多用したカラーセラピー

神智学など象徴性を多用したセンセーショントリコロール

>>センセーショントリコロール

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。五行思想から神智学まで網羅した3層ボトルのトリコロールは、「色の意味性」のみならず、ボトル名の象徴性や五行サイクルの象徴性など、比較的象徴的(神秘的)要素が強いシステムです。上級者向け


四元素・錬金術など象徴性を多用したフレイムカラーセラピー

>>フレイムカラーセラピー

 

15色を使用。四大元素+プリママテリアの五大エレメントで色を区分けし、錬金術思想をシンボルに用いています。エンペドクレス・アリストテレスからヘルメストリスメギストスまで多様な思想・象徴世界が組み込まれています。


カバラなどを取り入れサトルアナトミーを重視するオーラソーマ

・オーラソーマ

 

12色を使用(ペール・ディープ有)。タロット・カバラ(生命の木)・サトルアナトミーまで。現在は「色と心」よりプロダクツのエネルギーとサトルボディの変容の方が重視されている気が。。

※当校では現在扱っておりません。


他、南アフリカ発・カラーミラ―カラーセラピーなどもこのグループに入ります。

 

 

東京・品川のカラーセラピーサロンホワイトターラトップページ
カラーセラピーサロンホワイトターラお問い合わせフォーム

カラーセラピー無料診断~色と心の関連性

気になる色をクリックしてください。

カラーセラピストになるということ

 

服やインテリアを選んでいる時、ふと、

「あれ?最近妙にこの色ばかり選んでいるな…」

「あれ?昔はこの色嫌いだったのに…」

「自分が選ぶ色」に意識が向くことがありませんか?

 

また、お友達と会った時、

「あれ?珍しい色を着てるね」

という会話をしたことはありませんか?

 

 

「惹かれる色」「気になる色」には意味があります。

赤い服を着たい時、青い服を着たい時は同じ気分ではありません。

その色を手に取る「理由」はちゃんとあるのです。

 

日常の中で「普段と違う色を手にする自分」に気づいた時、人は「色」に意識が向くのではないかと思います。

「今までのわたしと違う気持ちになっている・変化が来た」

そんな気づきを、色は教えてくれるのです。

 

 

そのシグナルを紐解けたら楽しいと思いませんか?何気ないカラーチョイスの中に隠れた「自分の心の変化」を知り、人生に生かしたいと思いませんか?

 

 

 

 

 

女性の起業ブームの昨今、カラーセラピーを学ぶメリットとして「仕事に繋げることができる」部分がフォーカスされやすいです。

でも「色を学ぶ」本質は、

 

・色の意味性を学び、自分や自分の周囲の人たちの内面を照らす

・日常を取り巻く色の扱い方を知り、人生を豊かに彩る

 

自分や、周囲の人たちの人生を豊かに照らす知識や智慧を得ることが第1番なのです。

 

 

センセーショントリコロールカラーセラピストは人生の流れを読み解きます
「色」を学ぶのではなく「色を通した心」を学びます
潜在意識を投影するカラーボトルを読み解く知恵を持つカラーセラピスト
色には「心(本音・潜在意識)が投影されている」のです

カラーセラピーは色彩心理学?

 

カラーセラピーを「色彩心理学」と表現している方もおりますが、カラーセラピーは「色彩心理学」ではありません。

 

「色彩心理」はベースになっていますが「青は女性性の色」「コミュニケーションの色」「赤は男性性の色」「グラウンディングの色」など、カラーセラピーで多用する色の意味は「心理反応」ではなく「色彩象徴」です。

 

19世紀に心理学が成立する遥か以前、

 

・古代より人類が「自然の色」から受け取り続けていたメッセージ

・それらをベースに「思想」「宗教」が象徴に用いてきたカラーシンボル

 

これらが「カラーセラピーの色の意味」に大きな影響を与えています。

(地域性や宗教・思想による多様性を持っている以上、色彩象徴は心理反応ではなく「文化史」なのです)

 

仮に「色彩心理学」を学びたいのであればカラーセラピーではなくリュッシャーカラーテストを学ぶべきです。

カラーセラピーはロジックを越えた、人類の豊かな文化史があるからこそ面白いのです。

 

>色と象徴・文化を学ぶカラーシンボリズム 

 

 

 

カラーセラピーで何がわかるの?

 

ロート製薬「これカラダ」に掲載された当校でのオーラライトセッション記事です。

 

 >「カラーセラピー」で何がわかるの? vol1

 >「カラーセラピー」で何がわかるの? vol2

 

 

わたしたち大人は、対人・対社会に向け「理性的な」「~あるべき自分」像を持ち生きています。

 

「理性の仮面」が気づかぬうちに分厚くなり、「感情(ストレートな本音)」を覆い隠してしまうと、「自分で自分がわからない(選択できない・今、人生のどこにいるのか見えない)」

そんな状態を生み出します。

 

> 色と形~色が表すもの

 

自分が、自分の手で選ぶ色。

 

占いでも・外部から与えられるご神託でもなく、自ら手を伸ばした色だからこそ、色に映し出されるのは「今知るべき、自分自身/本音」。

  

 

「答えは常にクライアントの中にある」

 

カラーセラピストは基本的に「通訳」です。

・言語化されやすい「理性」と異なり、

・感情や本音は「混沌」としている場合も多いです。

 

選ばれた色を媒体に、幾通りにも翻訳できる色の意味性を駆使し、そのクライアントさんだけの情報を言語化し、自己認識していただくサポートをします。