カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

金色(ゴールド)~カラーセラピー色の意味と色彩象徴

オーラライトカラーセラピー金(ゴールド)色の意味と色彩象徴

金色(ゴールド)の意味

特定の色に惹かれる・気になる時、そこには必ず「意味」があります。

金色(ゴールド)に惹かれる時の心理的な意味(ポジティブ)

金色に惹かれる時は、金の持つ「豊かさ」にシンパシーを感じている時かもしれません。しかし「何に豊かさを感じているか?」が重要です。ゴールドは「物質性」から「智慧」、「自己」に至る、あらゆるものの「豊かさ~価値」を意味する色。

「今の自分にとって、豊かで価値あるもの」はなんでしょう?

古くから王や神官達しか扱えなかった金は、「権力者」の色でもあります。ゴールドの「豊かさ」は個人で終わるものではなく、「他者へと分配」するためのもの。「物質的豊かさ」を与える側になれば「ビジネスサクセス」ですし、「智慧の豊かさ」を与えるなら「師」です。

他者に分配できるほどに「豊かに」得たいもの、それは何なのかを見極める時期なのかもしれません。

 

いずれにしても「分配する」ためには、「分けても尽きない(また生み出せる」と言う「揺るがぬ土台(経験と知恵)と自信」が欠かせません。

ゴールドは、「目標」を持ち、そこに向け「長い努力を続けた」人の色。その経験の中で「自分自身が豊か」になり、分配することで「自己評価」「自信」が生まれると知っている色。

そして、その長い道のりを歩く人々を照らす「光(知識の応用)」の色なのです。

 

金色(ゴールド)に惹かれる時の心理的な意味(ネガティブ)

ゴールドは「豊かさ」の色ですが、過剰に惹かれると金の「深み」を忘れ、「わかりやすい豊かさ」~「物質欲や名声・地位」という安易な「価値」を欲してしまいます。金として輝くには「経験と努力」が必要であるにも関わらず、表面的な「賞賛」「ステータス」に流されてしまうのです。

地中から生まれる金は「土」と繋がるので、本来は「寛容」で「ポジティブ」です。しかし、安易に得た金は土台がありません。「根拠のない不安」や「自己不信」から来る「狭量さ」「エゴイズム」を抱え続けることになってしまいます。

 

補色の藍色(インディゴもしくはパープル)を用い、対外的評価ではなく「自己の内側と繋がり」、自分にとってのゴールド(「不変で」「普遍」な価値あるもの)は何か?「自分が目標とすべき」場所は何処なのか?一度立ち止まってみてもよいかもしれません。

金色(ゴールド)の補色「藍色(インディゴ)」

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

金色(ゴールド)の色彩象徴

金色(ゴールド)は「不変」「豊かさ」「豊穣」を意味します

メソポタミアの時代から、太陽に等しい神々の図像には「光輪」が描かれていました。

現代の天使や仏たちも、頭部に光輪を頂いていますが、起源はゾロアスター教のアフラ・マズダのシンボルである有翼日輪だと言われています。 強烈な光を放つ黄金は神々の聖衣ともされ、アッシリアの王たちは金の衣服で「権力」と太陽の持つ「呪力」を示しました。


キリスト教以前ローマで信仰されたミスラ神の光輪は、7つの放射線の光を持ち、まるで太陽そのもののように見えます。人々に恩恵を与える、太陽の黄金の光を具現したものなのです。

 

ゆえに金色は、「光を放出し、分ける」色。 黄色の「個人」ではなく、「分配者~与えて行く」テーマを持ちます。

金は、最上の色であり、畏怖されつつも与え続ける太陽そのもの、天上と地上の「王権」「王者」を象徴する色だったのです。

 

イアソンは「王位」返還をかけて金羊皮を探す冒険へ旅立ち、ベツレヘムの星に導かれた東方の三賢者は、「金」を「王と認める証」にキリストへと捧げました。 「金」と人類との付き合いは非常に長く、紀元前6000年程前から、シュメールやエジプトで金加工は為されてきました。 金は「地中の太陽」と呼ばれ、人類は古くから、褪せない輝きを持つ金に「変わらぬ価値あるもの」を見出したのです。

エジプトのファラオたちを始め、王者たちの墳墓、歴代ダライ・ラマたちの遺体など、尊い存在の死後を金で護る風習は東西問わず見られます。


4世紀の包朴子には「人間の9つの穴を金玉で覆えば遺体は腐らない」との記述があります。漢代では天子のみ許された、金糸と玉で遺体を包む金縷玉衣が出土されています。 腐食しない・変色しない輝きを持つ金を用いることで、死後なお「永遠なる存在」を留めておこうとしたのです。

チベットでは赤の僧衣が印象的ですが、僧衣の中に着る衣は多くは黄色です。しかし、転生活仏…高僧の生まれ変わりとされる僧たちだけは、「受け継いだ永遠の魂」を象徴する金の衣を着ることが許されています。

 


紀元前300年頃アレクサンドリアで生まれた錬金術は、この「永遠」で「完全な」存在である金を生み出そうと、様々な宗教、伝承を巻き込み奥義を生み出しました。

象徴と寓意でしか記録されていない錬金術の全容は明らかではありませんが、多くのカラーセラピーで、ゴールドが持つ「ゴール」という色の意味は、錬金術師たちが生涯を費やした「努力と達成」を象徴しています。

12世紀以降、錬金術は舞台をヨーロッパに移しますが、結果的に賢者の石を作り出した錬金術師はほぼいません。しかし、その努力の過程で、現代化学の基礎や器具を多く生み出しています。苛性ソーダ、硫酸、塩酸、リン、フラスコなどは、名もない錬金術師たちの努力の結晶です。

ゴールドの豊かさとは、「結果」だけではなく「経過」にもあるのです。

 

麦作の文化では、麦穂の黄色や金色は「豊穣」の象徴でした。 ギリシア・ローマの太陽神・豊穣新は黄金の髪を持ち、ゲルマンの神話では、美と豊穣の女神フレイヤが流した涙が地に沁み込み、黄金になったと言われています。

しかし、神々が「黄金の林檎」を巡って起こした争いがトロイア戦争の遠因になったように、金は「豊かさ」と同時に「不和」や「戦争」の意味を持ちます。

 

悟りを開いた仏陀は永遠に輝く「智」の光に輝く身体を持つ…「身相金色」と記されています。仏教では「金剛」とは智慧や菩提心を象徴します。 金の「豊かさ」は物質だけではなく「智」の豊かさを指し、「叡智」の色でもあるのです。

 

 

 

ゴールドの意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

お問い合わせ&お申込みフォーム

WHITE-TARA TOP

色の意味と色彩象徴につきまして

【色の意味】

履修生の皆さまは、

「ポジティブ」=「バランス」、「ネガティブ」=「OVERネガティブ」(ゆえに補色を勧める)

でお考えください。

【色彩象徴】

こちらに記載しているのは、当校の

カラーセラピスト勉強会「シンボリズム」講座

補足&まとめです。色彩象徴の世界は多種多様に展開いたしますが、カラーセラピーに関連しやすい象徴を主に紹介しております。(2012年開講)

未受講の方にはやや不親切な記述になっております旨、ご了承下さい。

カラーセラピスト「色の意味を深める」勉強会

カラーセラピスト勉強会

 

こちらのページは、当校で開催中のカラーセラピスト勉強会「色の意味を深める」講座の一部情報となります。 他校履修生の方も歓迎しております。 

カラーセラピーカウンセリング

カラーセラピーカウンセリング

 

正規カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円

(当校履修生:4,000円) 

ご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


2015年

10月

01日

カラーセラピー金色(ゴールド)の意味 |2015年メルマガ

金色が足りない時の心理的意味

今月はゴールドです。

※「足りないから欲している時」~ゴールドのUNDER時でお考えください。


やりたいこと、目標としたいことはあるのに「そこ」を目指す覚悟が出来ない時。 報われないかもしれない努力をして本当に欲しいものを手に入れるより、手近なもので自分を誤魔化すことに慣れてしまった時、 「自己評価」「自己価値」のゴールドに惹かれます。


クイックでショートカットなものが持てはやされる現代ですが、 「速く手に入るもの」「簡単に手に入るもの」 では得られないのが、ゴールドの「自己評価」「自己価値」です。

例えば、徒歩5分の場所に行き着くことと、1日掛かりで移動し目的地へ到着すること。 どちらに「達成」感がありますか?

どちらの行動に「自信」が持てますか?


遠い目的地は、行き着くまでの課題や困難の多さを連想させます。 分かり易い「評価」は、目的地に到達した時に得られますので、 「目的地への到達」に捉われていると、徒歩5分の目標の方が確かに安全です。


でもゴールドの「価値」「豊かさ」は分かり易いものではありません。

「金」は地中で育ち、発掘され、研磨されてから初めて光を放ちます。 長い熟成、発掘・研磨の手間の果てに「輝き」が得られる。

だからこそ、金は「普遍で不変の価値」を持つのです。


「目的地に行くまでの行程にこそ金がある」 そこを理解し「宝さがし」の癖をつければ、行程が長いほど多くの「金」が埋まっていることに気づくと思います。

目的地に到達した時の「評価」は他者からも得られますが、 「埋もれた金」を磨き、輝かせることは自分にしか出来ません。


多くの困難や課題と出会い課題や困難を乗り越えた「経験値」や「智慧」こそがゴールドの「価値」。 手間をかけ、自分で磨いた「価値あるもの」を手にした経験が多いほど、 「自己評価」「自己価値」は培われていくのです。


そこに気づけたとき、無駄な努力はないということに気づき、 本当に欲しいものを得るために、遠い目的地に向かい1歩を踏み出す勇気も持てるのではないかな?と思ったりもします。


メルマガCOLOUR通信vol68/2015年10月1日配信済み