カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

藍色(インディゴ/パープル)~カラーセラピー色の意味と色彩象徴

カラーセラピー藍(インディゴ)色の意味と色彩象徴

藍色(インディゴ/パープル/ロイヤルブルー)の意味

特定の色に惹かれる・気になる時、そこには必ず「意味」があります。

インディゴ(藍色)が気になる時の心理的意味(ポジティブ)

インディゴ(パープル)に惹かれる時は、インディゴの持つ「深さ」にシンパシーを感じている時かもしれません。インディゴは青が更に「深さを増した」色。「内側と繋がり」、心の奥深くにある「自分の真実」を見る色でもあります。青の視野は「広い」ですが、インディゴの視野は「深い」のです。

表層世界の情報(五感)や常識に囚われず、「本質」を見る「直観力」「洞察力」が必要な時期、インディゴはサポートしてくれます。インディゴは「既成概念を打ち破る時」色なのです。

 

チャクラで言えばインディゴは第6チャクラ「サードアイ」。「すでに自分の中にある答えを信頼する」テーマを持ちます。インディゴは「知っている」と言う意味を持ちます。この色に惹かれる時、答えはすでに出ています。足りないのは「深い(自己への)信頼」だけなのかもしれません。

 

インディゴ(藍色)が気になる時の心理的意味(ネガティブ)

インディゴの「深さ」「暗さ」に「過剰」に惹かれてしまう時は、「深い暗さ」に包まれ、「静寂」の中に「自分を隠す」必要があるのかもしれません。エネルギーを消耗しきった時、人は自ずと宇宙や深海(もしくは胎内)の「闇と静寂」で自己を癒し「充電」しようとするのです。

 

ただし「刺激を絶つ」働きのあるインディゴは、過度になれば「自閉」「孤独」を招きます。インディゴの「深い内向き」のパワーは、時として全ての刺激(インディゴの特質である直観・洞察すら)をシャットダウンしてしまうのです。

補色のゴールドは「太陽の光」の質を持ちます。闇の中で「真実」を掴み「休息」を終えたなら、「智慧の放出」「強い外向」パワーを持つゴールドを補うことで内外のバランスが是正されるでしょう。

藍色(インディゴ)の補色「金色(ゴールド)」

 

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

第6チャクラは「直観」を意味します。カラーセラピーではインディゴ・パープル・ロイヤルブルーなど3次色が相応します

●チャクラ:第6チャクラ 

 

インディゴは深い色です。

深海の色であり、宇宙の果ての色。


青が太陽光を受けた「青空」だとすれば、インディゴはその奥にある「深い空(宇宙)」を表します。

青が太陽光を受けた「海の表層」だとすれば、インディゴはその奥にある「深い海」を表します。


この「深い青」は、古代より意識(光)の先・更なる「奥」…無意識の知恵や神秘をイメージさせる色なのです。


原初の海は「深い水」とも呼ばれ、わたしたちが誕生以前にいた場所であり最後に還る場所の色。

かつてわたし達が「知っていた」こと、「知っていた」ことすら忘れてしまっている遠い記憶の色でもあります。

 

この「深さ」を連想させるインディゴは脳の奥「深く」にある器官…松果体に当てはめられました。

デカルトが「魂の座」「直観の在り処」と呼んだ松果体は、長い間機能が謎に包まれていました。

後世「光の受容機能」がある「腺」だと判明し、1958年にはラーナーが松果体から分泌されるメラトニンを発見しましたが、かつては「特別な3つ目の目~第3の眼」と考えられていたのです。

 

この特別な眼は、肉眼では見えないものを映します。

物事の表層ではなく深い部分にある本質を「知る」知恵。それを象徴するのが「深い色」~インディゴ(パープル)です。

東西問わず神仏の造形には、額に第3の目が刻まれています。 わたし達の頭部にはいまだ解明されていない謎が多くありますが、古代の人々も、頭部には「眠れる器官」があり、超越者達は、その機能が覚醒しているに違いないと考えました。サードアイは「真実を見抜く目」なのです。

 

残念ながら20世紀に入り室内灯が普及したことで「光の受容機能」の役割は終わり、松果体はやがてなくなる器官だと言われています。

しかし、「自己実現」の第7チャクラの手前、第6チャクラで「(自己実現に至る)自分の道」を探すためには、簡単に入手できる表層的情報ではなく、自分の眼で「真実を見抜く」必要があるのです。

 


 

インディゴは「賢者の色」とも呼ばれ、「知っている」ことを表します。

原初の深くて昏い水の底で「(かつては)知っていた」真実を、再び探求するテーマを持ちます。

 

「洞察」と「真理」を表すこの色が、利便性を追求した過度な情報化社会の渦の中で失われていくのは、少しさびしい気がします。

 

また、わたし達日本人にとっては、この色は特別な色です。 日本の藍染めは、飛鳥時代から行われ、奈良時代には献上品として活用されました。

江戸時代には庶民の色となり、町には藍の着物・作務衣・暖簾・手ぬぐいなどが街に溢れます。

明治の初めに日本に来た化学者ロバート・アトキンソンは、その様を見て「ジャパンブルー」と表現し、小泉八雲で知られるラフカディオ・ハーンは、「神秘なブルーで満ちた国」と表現しています。

 

藍が粋であった時代とは異なり、藍染を身に着ける機会の減った現代日本ですが(天然染料はもう、庶民のものでもないですし)、かつては「褐色(かちいろ)~勝色」として武家にも愛された深い青が…シンプルで洗練された「深い」藍が、日本の色だと言うことは忘れないようにしたいですね。

 

 

インディゴ(パープル)の意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

 

お問い合わせ&お申込みフォーム

WHITE-TARA TOP

色の意味と色彩象徴につきまして

【色の意味】

履修生の皆さまは、

「ポジティブ」=「バランス」、「ネガティブ」=「OVERネガティブ」(ゆえに補色を勧める)

でお考えください。

【色彩象徴】

こちらに記載しているのは、当校の

カラーセラピスト勉強会「シンボリズム」講座

補足&まとめです。色彩象徴の世界は多種多様に展開いたしますが、カラーセラピーに関連しやすい象徴を主に紹介しております。(2012年開講)

未受講の方にはやや不親切な記述になっております旨、ご了承下さい。

カラーセラピスト「色の意味を深める」勉強会

カラーセラピスト勉強会

 

こちらのページは、当校で開催中のカラーセラピスト勉強会「色の意味を深める」講座の一部情報となります。他校の履修生の方も歓迎しております。  

カラーセラピーカウンセリング

カラーセラピーカウンセリング

 

正規カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円

(当校履修生:4,000円) 

ご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


2015年

6月

01日

カラーセラピーインディゴ(パープル)の意味 |2015年メルマガ

インディゴ(藍色)が足りない時の心理的意味

今月はパープル(インディゴ)です。

※「足りないから欲している時」~パープル(インディゴ)PURPLEのUNDER時でお考えください。


表層に囚われ、常識に縛られてしまっている時。 それにより、物事の本質にまで目が届かず騙されたり、目先の情報に左右されてしまっている時。 潜在的に「真実」から遠いことに気づいている時は「直観」「同察」のパープル(インディゴ)に惹かれます。

(「真実」を過剰に欲してしまうと、パープルのオーバー~「カラに閉じこもる」状態になります)


パープルはものごとの「構造」を見抜く色です。

「構造」と言うと分かりにくいのですが、1つの理解に「全体」を繋げる色。

瞬時に、「相対性」「全体性」を伴う理解を行う力を、「直観力」と表現します。


「オイシイ話」や、「一見素晴らしい肩書き」など、現代社会では「わかりやすい情報」が氾濫しています。 (特に、セルフアピールのツールが溢れかえっているウェブ世界では、「自称」と「客観的事実」が混在していますね^^;)

そして、「生きる道を探す」ために、現代人は常にヒントを探しています。 しかし、ヒントを渇望するあまり「表層の情報」に囚われてしまうと、 「全体性」も「相対性」も置き去りに、「自分が見たいようにしか見えない~騙されやすさ」に繋がります。


「真実を見抜く」ためには、自分の嘘や欺瞞も捨て、「精神の深い解放」を得ることが必要です。

「解放」は「光」の色にもあるキーワードですが、 拡散・拡大の「光の解放」ではありません。「宇宙」や「深海」をただたゆたうような、静かで穏やかな解放です。

ブルーの「ありのまま(受容)」を更に深め、暗闇と静寂の中をただたゆたうためには、 「絶対的な自己との繋がり」 が必要です。

「内にあるものは外に在る」と理解していれば、闇と静寂は恐怖ではなく「安寧」を与えてくれます。


そんな「心の静寂」を持てていれば、曇りは晴れ、 主観が見せる表層の情報を越えた、「真実を瞬時に見ぬく」ことに1歩近づくのではないかな、と思います。



メルマガCOLOUR通信vol64/2015年6月1日配信済み