カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

ターコイズ~色の意味と色彩象徴

オーラライトカラーセラピーターコイズ色の意味と色彩象徴

ターコイズの意味

特定の色に惹かれる・気になる時、そこには必ず「意味」があります。

ターコイズが気になる時の心理的意味(ポジティブ)

ターコイズに惹かれる時は、「海や河」の色であるターコイズの「自由性」「柔軟性」にシンパシーを感じているのかもしれません。「火」は最短距離で目標に至るストレートなパワーを持ちますが、「水」は器や地形により「流れを変えるしなやかさ」と、それでもかならず河口に至る「冷静さ」を兼ね備えています。

「感受性の強さ」「遊び心」も意味するターコイズは、一見遠回りにも見える流れの中で「経験したこと全てを生かし」、「自分だけの独創性」を手に入れる為に「絞り込み、生み出す~創造性」の色でもあるのです。

この「個性」を作る為に、ターコイズは紆余曲折の「流れを経験」します。一見気まま過ぎるように見える「蛇行」があるからこそ、「純化」した「個性的な」は「果」が生まれるのです。これは「人生そのもの」にも似ていますね。

ターコイズは「カルマ」の色。自分の「因果」~「過去を生かし、今から未来を創る」時期に、サポートしてくれる色なのです。


ターコイズが気になる時の心理的意味(ネガティブ)

ターコイズは「流れ」の色。過剰にターコイズに惹かれる時は、もしかしたら「柔軟性」「感受性の強さ」が強すぎて、「自由」「柔軟性」のはずが「迷走」になってしまっているのかもしれません。

「あれも、これも」という「好奇心」と「無邪気さ」はターコイズの特性ですが、気づけば「目標(河口)」を見失い「混乱」に陥り、流れを留めてしまいやすい色。

流れを止めた水は淀んで腐ってしまいますね。

 

「水」のターコイズは「浄化」の意味も持ちます。経験したこと・感じたこと全てを抱え続けたまま流れようとすれば「水は淀み、停滞」してしまいます。「目標に向けて絞り込む」こと、溜まった澱(不要物)を「手放しながら、流れ続ける」ことが、ターコイズが「自由」であるため「個性的」であるためには欠かせないのです。

 

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

ターコイズの色彩象徴

ターコイズはアクエリアンエイジ・アトランティスと関連する意味があり、共同創造・クリエイティブを意味します

ターコイズは、河の色であり海の色です。

 

空、そして水(川・海)を想起させるこの石は世界各地で愛され、エジプトの墳墓では紀元前7000年前の装飾品が発掘されています。

 

月の満ち引きに左右される海は女性性であり、「無意識」の象徴です。

ユングも「陸は意識・海は無意識」をシンボライズすると述べています。

海の神ネプトゥーヌスは男性神ですが、「無意識の深い部分」を司る神です。

 

 

 ターコイズのシンボルであるアトランティスは、このネプトゥーヌス(ポセイドン)により創られ、文明の爛熟と共に堕落し、海に沈められました。度重なる洪水の果て、最後に残った島・ポセイドニスが沈んだのは紀元前9564年のことだったと言われています。

プラトンの著作に端を発したこの「失われた大陸」の伝説は、ギリシア時代から19世紀の神智学協会、人智学協会に至るまで神秘主義者達を魅了し続けました。

人間の普遍的無意識には 「ここにはない、どこかへの憧れ」~ユートピア思想 が刻まれています。

常世の国、シャンバラ、アガルタ、桃源郷、アルカディア…理想郷伝説は世界各地に見られます。 ターコイズは人類の「理想」の色であり、人類共通の「無意識にある理想郷」の色なのです。 

 

神秘主義者たちは普遍的無意識には、アカシックレコードと呼ばれるデータバンクがあると考えています。過去2億千万年前より、未来2万6千年までの個人を含めた宇宙の全記録が、このデータバンクには記録されているのです。

当然、アトランティスの記録もアカシックレコードには刻まれています。 19世紀、ブラヴァッキーをはじめとする神智学者たちは、このアカシックレコードを研究し、アトランティスにおいても多くの記述を残しています。

ブラヴァッキーはアトランティス人を「第4根幹人類」とし、現在のわれわれは「第5根幹人類」に位置づけました。現代宗教やナチュラルセラピーは、ポセイドニス沈没後も生き残ったアトランティスの「教師」「修行者」たちにより伝えられたと述べています。(ちなみに第3根幹人類は「レムリア」…センセーショントリコロールの6番、アカシックレコードは11番ですね)

 

ゆえに、ターコイズは「アカシックレコード…時代を超越した膨大なる記憶」の意味を持ちます。

 


 

また、ターコイズの象徴する「河」は古くから「人生」に喩えられ、同時に「境界」の役目を担います。 国境の河、県境の河、現世と冥府・来世を隔てる河。

河を渡ることは 「不要なものを浄化」 し、次なるステップへと旅立つことを示します。「カルマの浄化」です。

 

日本人に馴染みがある「三途の川」は此岸と彼岸を隔てる河ですが、橋を渡ることが出来たり、深瀬を渡らざるを得なかったり、現世の罪の重さで、河を渡る苦労が変わりました。

エデンの園には「レテ川~忘却の川(罪業を流す)」があり、ヒンドゥー教徒はガンジス川に遺体を流す事で、今世の「カルマ」から解き放たれると信じます。 

河…「此方と彼方の境」にある水の奔流は「カルマ」と「カルマの浄化」を象徴するのです。 ターコイズは「前世・現世・来世」を渡る色。不要なものを「浄化」しながら巡る、「カルマの旅」の色でもあるのです。

 

 ターコイズの意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

お問い合わせ&お申込みフォーム

WHITE-TARA TOP

色の意味と色彩象徴につきまして

【色の意味】

履修生の皆さまは、

「ポジティブ」=「バランス」、「ネガティブ」=「OVERネガティブ」(ゆえに補色を勧める)

でお考えください。

【色彩象徴】

こちらに記載しているのは、当校の

カラーセラピスト勉強会「シンボリズム」講座

補足&まとめです。色彩象徴の世界は多種多様に展開いたしますが、カラーセラピーに関連しやすい象徴を主に紹介しております。(2012年開講)

未受講の方にはやや不親切な記述になっております旨、ご了承下さい。

カラーセラピスト「色の意味を深める」勉強会

カラーセラピスト勉強会

 

こちらのページは、当校で開催中のカラーセラピスト勉強会「色の意味を深める」講座の一部情報となります。他校の履修生の方も歓迎しております。  

カラーセラピーカウンセリング

カラーセラピーカウンセリング

 

正規カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円

(当校履修生:4,000円) 

ご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


2015年

9月

01日

カラーセラピーターコイズ(スプリンググリーン)の意味 |2015年メルマガ

ターコイズ・スプリンググリーン色が足りない時の心理的意味

今月はターコイズ(S・グリーン)です。

※「足りないから欲している時」~ターコイズのUNDER時でお考えください。

自分の感情や気持ちの表現に滞りを感じる時、個人として何かを発信することに抵抗を感じる時、 でも、漠然とした「何か」を伝えたい想いだけがある時、 「1対多数」「インターネットコミュニケーション」のターコイズに惹かれます。


ターコイズは「個性」と「全体性」の色。

ユニークな個性を個人が確立し、各々の「個が全体」を繋げて行く色です。ゆえに、

「今の時代のコミュニケーション(インターネットコミュニケーション)」

の色とも呼ばれています。

ボタン1つで1個人が世界(全体)と繋がる…そんな広義コミュニケーションの色なのです。


ただし、「感受性」の強いターコイズは、 自分のコミュニケーションが上手く相手(全体)に伝わるのか・誤解を生んだり、誰かを傷つけたりてしまうのではないか…不特定多数が相手故に、漠然とした恐怖を抱きやすい色でもあります。

本来は「遊び心」を持ち、「自由に自分を伝達する」「柔軟性」の色ですが、 恐怖を抱いたターコイズは「滞り」を生み、自らの表現を禁じてしまいます。 内に在るものを広い世界へと流出させる「水」の流れが、自分の内部で「停滞」し「腐敗」してしまうのです。


水は「無意識」を表します。 意識化は出来ずとも、自分の中にすでに在る「創造性」や「アイディアの芽」が、 表現(流出)を禁じることで腐ってしまう…なんてこともあるかもしれません。

コミュニケーションに対し「慎重さ」「誠実」を重視するのはブルーの質ですが、 ターコイズはブルーとイエローの混色です。

イエローの質である「楽観的」「個人的」「前向き」さを意識し、 自分の「無邪気」で「自由」な表現を「気まま」に初めてみても良いのでは?と思ったりします。


最近また、「発信(ブログなど)が出来ない」という声が多いので、 ちょっとターコイズに絡めてみました(笑)

当校で「発信できない」とおっしゃる方はブルー…「正しい発信」「間違いのないように」 にとらわれている気がしますので、ターコイズ(スプリンググリーンでも可)のエネルギーを借りると良いかもです☆


カラーセラピーで「表現」が関わる色はブルーとターコイズですが、段階としては、

1) 第4チャクラのブルー=「1対1のコミュニケーション」「内に在るものを言葉で出す」

から始めると良いかと思います。

1対1だからこそ、誠実で真摯な言葉で「自分の気持ちや想いを相手に伝え」「相互理解する」ことにまず馴れ、 次の段階で、

2) ターコイズ=「1対多数」「インターネットコミュニケーション」

不特定多数の相手に(不特定多数だからこそ)

「自分の発信をどう受け止めるかは、相手に委ねる」

そんな「気ままさ」「無邪気さ」「自由さ」を駆使して頂ければ、無理なく発信できるのではないかな~と思ったりします^^



メルマガCOLOUR通信vol67/2015年9月1日配信済み