カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

マゼンタ(ローズ)~カラーセラピー色の意味と色彩象徴

オーラライトカラーセラピーマゼンタ(ローズ)色の意味と色彩象徴

マゼンタ(ローズ)の意味

特定の色に惹かれる・気になる時、そこには必ず「意味」があります。

マゼンタ(ローズ)が気になる時の心理的意味(ポジティブ)

マゼンタに惹かれる時は、「熟した木の実」のマゼンタが持つ「円熟」したムードにシンパシーを感じているのかもしれません。

木の実が熟すためには「種を撒き・育て・実り」までの手間と時間(先行投資)が必要です。逆を言えば「収穫」とは「先に与えた(手間を時間という対価を支払った)」人だけが得ることができるもの。

棚ボタではない「自分が蒔いた種の報酬」だからこそ、人は「達成感」を味わうことが出来ます。そして再び「収穫を抱え込まず、他者に分配」することが出来る…マゼンタは、そんな「バランスのとれた」「成熟した」人が惹かれる色です。

 

チャクラから言えば、マゼンタは第8チャクラ。頭頂を越えたマゼンタは周囲への「察しの良さ」と「行動」が合致した色です。物質的な「種まきと収穫」に限らず、「優しさ」「思いやり」も、「与えたものは形を変えて必ず戻ってくる」。そんな確信があるからこそ、マゼンタの「愛」「優しさ」「思いやり」は「潔く、さりげない」のです。

 

マゼンタ(ローズ)が気になる時の心理的意味(ネガティブ)

マゼンタは「古い血の色」です。「過剰に」マゼンタに惹かれる時は「自分の血を流すことを当然と思う~自己犠牲」に馴れ、「収穫」を受け取ることを自らが拒んでしまっている時期かもしれません。

「利他的」であるのは素晴らしいことですが、自然界の中でも「連鎖しない一方的な関係」は限界を迎えるのも早く、収穫を得ないまま「種だけ撒き続ける」のは「バランスが悪い」ですね。

 

せっかくの愛情深さや優しさをより多くの人々に与え続けるためにも、「自分自身が受け取る報酬」に対して「罪悪感」をなくす。正当な報酬は受け取りに行く。結果、それこそがより多くの人々へ愛を分かつ最善であると、心がけた方が良いかもしれません。

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

マゼンタ(ローズ)の色彩象徴

マゼンタ(ローズ)は第8チャクラ。「成熟」「自己犠牲」「配慮」を意味します

●チャクラ:第8チャクラ 

 

インクトナーで知られるマゼンタという色名は、近年生まれました。

MAGENTAという名が歴史に登場するのは、第3次イタリア独立戦争時になります。1859年にMAGENTA郊外で、オーストラリア軍とたたかったイタリア・フランス軍が勝利を治めました。

これを祝し、同時期にフランスの科学者により人工合成された新しい染料に、勝利を得た街の名…MAGENTAと名付けたのです。



 

カラーセラピーでは、赤みがかった紫~センセーションカラーセラピーのローズ含む~に、赤の1つの側面「犠牲の血」「古い血」の連想・象徴を与えています。

19世紀のイタリア統一戦争は、封建社会の打破の為に人々が立ち上がり、勝利した革命です。 西洋史には多くの犠牲の血が流れています。

独立と統一のために流された多くの「犠牲の血」・ キリストが人類の贖罪のために流した「犠牲の血」・ 宣教師たちが布教のために流した「犠牲の血」…マゼンタは「犠牲の血の色」を意味します。

 

ナザレのイエスは、ゴルゴだの丘でロンギヌスという兵士の槍で絶命しました。このロンギヌスが、イエスの血を杯に受けたことから、現在でもキリスト教徒たちは聖餐式で、深い赤(キリストの犠牲の血)のワインを飲み干します。 聖(キリストの血)を俗(肉体)に取り込み、キリストの神性を自分たちの肉体を通じ生かすのです。

 


 

「宗教的犠牲」と言葉で言えば、現代日本人には馴染みの薄い感覚ですが、キリスト教において「宗教的犠牲行為」は非常に尊い行為です。

キリスト以降、「殉教者」たちは「聖人」として奉られます。 「犠牲」には、ちゃんと「代償」があるのです。

イエスは自らの死をもち人類の原罪を贖い、3日後に復活・再生しました。 流れ出た犠牲の血が古く乾くとき、支払われた犠牲はその「対価」を受け取るのです。

 

カラーミラーやオーラソーマでは、マゼンタは「ジャパニーズカラー」と呼ばれています。 宗教的犠牲にはあまり縁のない日本人ですが、 「日常の中の小さな愛」~先に察して自らが動く この、日本的美徳「配慮」と「他者へのケア」が、マゼンタをジャパニーズカラーと呼ばせるのです。

 

 

マゼンタの意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

 

 

お問い合わせ&お申込みフォーム

WHITE-TARA TOP

色の意味と色彩象徴につきまして

【色の意味】

履修生の皆さまは、

「ポジティブ」=「バランス」、「ネガティブ」=「OVERネガティブ」(ゆえに補色を勧める)

でお考えください。

【色彩象徴】

こちらに記載しているのは、当校の

カラーセラピスト勉強会「シンボリズム」講座

補足&まとめです。色彩象徴の世界は多種多様に展開いたしますが、カラーセラピーに関連しやすい象徴を主に紹介しております。(2012年開講)

未受講の方にはやや不親切な記述になっております旨、ご了承下さい。

カラーセラピスト「色の意味を深める」勉強会

カラーセラピスト勉強会

 

こちらのページは、当校で開催中のカラーセラピスト勉強会「色の意味を深める」講座の一部情報となります。 他校履修生の方も歓迎しております。 

カラーセラピーカウンセリング

カラーセラピーカウンセリング

 

正規カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円

(当校履修生:4,000円) 

ご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


2015年

8月

01日

カラーセラピーマゼンタ(ローズ)の意味 |2015年メルマガ

ローズマゼンタが足りない時の心理的意味

今月はローズマゼンタです。

※「足りないから欲している時」~ローズマゼンタのUNDER時でお考えください。


自分が損をしたり、無駄をすることへの恐怖心がある時。

また、手にした「成果」を抱え込んでしまうことでの停滞感を感じている時。

「成熟」「種まきー収穫」のローズマゼンタに惹かれます。 (過剰に欲してしまうと、ローズマゼンタのOVER~「(種を撒きすぎ)犠牲」になります)


「先に与える(投資)」色であるローズマゼンタが差し出すものは、 「時間」「金銭」「気持ち(配慮・優しさ)」など多岐に渡り、 それらは次の収穫・報酬に繋がる「種まき」とも表現されます。


ただし多くの場合、「種まき時には、収穫が必ず返ってくる保証はない」ものです。

「先に収穫が確約されていないと種を撒けない」

「もし収穫が出来たなら、その後に種を返そう」

…保守的になったり・打算的になり過ぎている時は、自然のサイクルに反していますね。


もしくは、 偶然風が運んできた種が、偶然育ち、偶然自分がその実を食べられる… と言った偶然の僥倖を求めすぎているのかもしれません。 (恋愛で言えば、「いつかやってくる王子様を待つ」状態です。本来のローズマゼンタは「王子に育てる」色。 笑)


ローズマゼンタはレッドの情熱とブルーの視野の広さを持っています。

「今を生きる」レッドは、先の報酬に囚われることなく、今の情熱のままに「種まき(能動的アクション)」を起こします。

逆の質を持つブルーは短絡的にならず、その「種を育て」「収穫を待つ」ことが出来ます。受け取った収穫はまた「種」になります。

こうして、一見バラバラな行為を「自分から差し出すこと」で「自分で繋ぎ」「より多くの成熟(成果)を得ることができるのがローズマゼンタの「成熟」「収穫」なのです。




メルマガCOLOUR通信vol66/2015年8月1日配信済み