カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

黄色(イエロー)~カラーセラピー色の意味と色彩象徴

オーラライトカラーセラピー黄(イエロー)色の意味と色彩象徴

黄色(イエロー)の意味

黄色が気になる時の心理的意味(ポジティブ)

黄色に惹かれる時は、黄色の持つ「明るく」「オープン」なムードにシンパシーを感じている時かもしれません。黄色は「太陽」の色です。空の中央で「堂々と自分の光を放出」する太陽のような「解放的」で「独立した」色なので、「自己の放出(自己主張)」すべき時にサポートしてくれます。

また、黄色の「光」は「知性」「知識」も意味します。「知識を探求する」「好奇心を満たす」ことは黄色の「喜び」を生み出します。オレンジの「五感刺激」とは異なり、黄色は「精神的刺激」を求める色なのです。黄色に惹かれる時期は、何かを「学んだり」「知識を増やしたり」するのに向いています。

 

第3チャクラから言えば、黄色は「個人の意思」を意味します。組織の歯車ではなく「自分と言う個性を発揮する」「自分の生き方を決める」そんな覚悟を問われている時、黄色はサポートしてくれます。

 

黄色が気になる時の心理的意味(ネガティブ)

黄色は「意志」の色ですが、「過剰に」惹かれてしまうと「個人の意思を貫き、周囲との不調和」を生み出す色でもあります。「個」であるということは「孤独」と背中合わせなのです。

「神経」「神経質」な側面も持つ黄色は、一見「エゴイスト」「独善的」に見えたとしても「センシティブ」な「傷つきやすさ」も持っています。「不調和」を正面から受けて立つ図太さはないのです。

 

第3チャクラの「自分の意思」が黄色の特徴ですが、「孤立無援」な時・「孤独」を痛感した時は、「自己不信」に陥り、「自分の意志」そのものを疑い始めます。「神経過敏」「不安」「心配」と言った状態が続くなら、補色のバイオレットを補い、「目標(何のために自分の意志を貫くのか)」を明確にし、自分の「個性」に対する「客観性」を持つことで、再び「意志」を固めるサポートにすると良いでしょう。

 →黄色の補色「バイオレット」

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

黄色の色彩象徴

黄色(イエロー)は第3チャクラ。「個人の意思と確立」を意味します

●チャクラ:第3チャクラ

 

黄色は「太陽」の色。

「中天に輝く真昼の太陽」の色です。 古代エジプトでは太陽を、朝のオレンジ・真昼のイエロー・夕陽のレッドで区分けしました。ゆえに、この3色は「太陽神」=「男性(男性性)神の色」をシンボライズします。

 

仏教では、この太陽の3色をシンボルカラーとしています。

四元素の黄色は「土」もしくは「空気」に象徴されます。


五行の黄色は「土」の色。

黄河流域から文明が興り、黄砂が大地を覆う中国では、まさに「人間の住む土地」の色です。彼らは黄色を、肥沃な大地とそこを統べる「皇帝」の色と定めました。

伝説では、最初に中華の土を統一し文明をもたらしたのは「黄帝」としています。

唐代文化の影響を色濃く受けた日本でも、嵯峨天皇の治世より定められた禁色は「黄櫨染」…ミカドイエローです。

 

「土」の方位は「中央」です。

黄色は、空の「中央」にいる太陽の色であり、第3チャクラもまた「腹」「太陽神経叢」と言った「人体の中央」にあります。 

ゆえに、黄色には「中央」「中心」と言った大きなテーマがあります。

「センタリング(中央)」・「腹を据える」・「腹を決める」 …自分の中心に自分を置くこと。

これが黄色の主題なのです。

 

太陽が放出する「光」は、「知性」もあらわします。 「黄」の語源は火のついた矢…光が四方に散るさまをあらわしていると言われています。 紀元前に確立した「皇帝内経」が、中医学の根本理念として現代にまで受け継がれているように、黄色の「知性」は、その光の矢で後世までを照らすのです。

 

太陽のみならず、ブッダの肌の色からも仏教では黄色を「ブッダカラー」と呼びますが、ブッダの教えは、太陽の光のごとく「放射する知」「遍く不変な智慧」と言われています。

 


 

インドのカーストでは、黄色は農民の色・ヴァイシャを意味します。土を耕し生きる色です。

五大でも黄色は「地大」。大地と言う「宝庫」をあらわします。地大のラトナサンバヴァ~宝生如来~は、「宝から生まれた者」という意味を持ちます。

 

アジアの黄色い大地は「肥沃」「豊穣」をあらわしますが、砂漠の苛烈な太陽の黄色は、「死」「渇死」の色と転じます。

黄色は「無限に広がる灼熱の砂漠」の「死」の色でもあるのです。

キリスト教では、神が聖別した~献上品として選んだ~色の中に黄色はありませんでした(旧約聖書)。更には、より輝きを放つ金色が「高貴」と位置付けされたことで、類似する黄色は「卑賤」の色とされてしまいます。

中世では、銀貨30枚でキリストを打ったイスカリオテのユダ…「裏切り者」のユダの色、「異端者」の色とされ、聖職者が黄色を着用することを禁じる法が作られました。 「自ら光を放つ」ということは、良くも悪くも「目立つ」のです。

 

このことからも黄色は、「天命を受けた個人の色」。 わたしという個を、人生の中で確立するという課題を持ち、 「自分の意思と知恵で、生き方を選ぶ」 色なのです。

 

 

イエローの意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

 

東京・品川のカラーセラピーサロンホワイトターラトップページ
カラーセラピーサロンホワイトターラお問い合わせフォーム

色の意味と色彩象徴 12COLOR CONTENTS

カラーセラピー個人セッションオーラライト、センセーション、アヴァターラカラーセラピーなど

カラーセラピーセッション 

 

カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円~

完全予約制

カラーセラピストが色の意味を深める勉強会

 カラーセラピスト勉強会

 

「色の意味と色彩象徴」は、当校で開催しているカラーセラピスト勉強会の補足ページです。講座にご興味あるカラーセラピストの方はこちら。

ホワイトターラご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


カラーセラピーとはなにか?色彩象徴を用い心を読み解く

カラーセラピーとはなにか?

 

古代の太陽信仰・シャーマニズムから始まるカラーセラピーの歴史とカラーセラピーの種類、占いとの相違など。

  

色彩心理とは?カラーセラピーの基本になったリュッシャーカラーテストとは?

リュッシャーカラーテストとはなにか? 

 

カラーセラピーとは異なる色彩心理学・サイコロジックの世界はこちら。

 

赤~色の意味の成り立ち・カラーセラピーのあれこれ

色の言語と知識

 

カラーセラピーのあれこれやメルマガ「色の意味」バックナンバー、カラーセラピストのためのフォローアップなど色に特化したブログ。 


2015年

3月

01日

カラーセラピー黄(イエロー)の意味 |2015年メルマガ

黄色が足りない時の心理的意味
続きを読む