カラーセラピースクール東京ならホワイトターラ

  • カラーセラピー
  • センセーションカラーセラピー東京
  • リュッシャーカラーテスト
  • フレイムカラーセラピー
  • オーラライト

ピンク~カラーセラピー色の意味と色彩象徴

オーラライトカラーセラピーピンク色の意味と色彩象徴

ピンクの色の意味

特定の色に惹かれる・気になる時、そこには必ず「意味」があります。

ピンクが気になる時の心理的意味(ポジティブ)

ピンクに惹かれる時は、ピンクの「可愛らしい」「優しい」ムードにシンパシーを感じている時かもしれません。誰かからの「愛情」や「優しさ」に包まれていたり、自分が誰かに「優しく愛情深く」なっている時、「愛情の受け渡し」の意味を持つピンクに引きつけられます。

 

カラーセラピーでは、ピンクは「クリア(神の光・強烈な拡散)」を含むと考えられています。ピンクは人との関わりの中で「愛情を拡大」し、身近な人々へから広い対象(動物、植物、自然環境など)へと、より遠く・より広くに「自然に愛を放出」する「与える愛」の色でもあるのです。

自分の中にある「愛情のパワー」に気づき、「それをアクション」に替えようとしている時、ピンクはただ「可愛らしい」色ではなく、「強い能動性と覚醒」のパワーでサポートしてくれるのです。

 

ピンクが気になる時の心理的意味(ネガティブ)

ピンクは「無邪気さ」「甘さ」を意味する色ですが、過剰にピンクに惹かれる時は、困難や課題を乗り越えたり、大人としての責任を負うことを厭い、いつまでも「護られる側」でありたい。「庇護者が欲しい」「愛されたい」と言う「甘え」「愛への切望」や、「ファンタジックへの逃避」に意味が変わります。「傷つきやすさ」を抱えるピンクから見ると、現実世界は厳しすぎるのかもしれません。

 

しかし、本来のピンクは「与える愛」の色。「愛を乞う」裏側には「愛したい」気持ちも隠れているはずです。厳しい現実の中でも、まずは近しい相手に「愛を与えてみる」こと。身近にある「優しい気持ちのやり取り」に触れること。究極には「自分で自分に愛を与える」こと。

非現実ではなく、現実的な「愛への積極性」が、「愛情の受け渡しのバランス」を是正してくれるのではないかな、と思います。

 

 

©引用転載は可ですが、必ず出典元(当校・当サイト)を明記してください。

 

ピンクの色彩象徴

ピンクは「愛」の色ですが、「自分自身を愛する」という意味ももちます

愛と女性性、目覚めと誕生の色。


ロココ美術ではフランス王室の色である「青」が印象強いですが、ルイ15世の公妾だったポンパドール夫人はピンクも愛し、彼女がパトロンとなったセーヴル窯では 「ロゼ・ポンパドール」 というピンクが用いられました。

 

「高い審美眼」を持ち、「美しいものを愛し」、自身も最期まで「寵愛を受け続けた」ポンドゥール夫人には、確かにピンクのイメージが似合います。

ピンクには人を引き寄せる魅力があるのです。


ですが、富裕層とはいえ平民の出自でありながら、王室の公妾として伸し上がり、更にはルイ15世に政治的な影響を与え続け、フランスとオーストリアの同盟を提言するなど、ただの美女ではない側面がポンパドゥールにはあります。

 

カラーセラピーではピンクは「可愛らしさ」「女性らしさ」の他に、「レッドにクリア(光)が入るレッドの意味が強まる」という解釈があります。

たおやかな外見の下にある、「向上心」や「意志の強さ」、「男性性」など、時に悪女と呼ばれるポンパドゥール夫人がピンクを愛したのは、そういう意味でもしっくりときます。

ピンクは、ただ「愛を乞う」色ではなく、レッドの「自らそれを勝ち取る強さ」も持つのです。

 

 


 

ゲーテ研究家であり、人智学協会を設立したシュタイナーは、ピンク(桃花色)は「人間の肉の色」であると述べています。シュタイナーは、 緑を「心魂が引いた生命の死の色」 桃花色を「心魂の生命の色」 と記述していますが、緑は時としてカビの色、屍の色として嫌われることがあります。

 

比べてピンクの肉は如何にも瑞々しく、心魂の存在を感じさせてくれる気がします。 ピンクは、女性性であり男性性であり、子宮の色であり、肉体の色であり、生命の誕生…強烈な目覚めのエネルギーを持つ色なのです。

 

 

 ピンクの意味と色彩象徴 ©2015 ホワイトターラ主宰 金山知佳子

 

 

お問い合わせ&お申込みフォーム

WHITE-TARA TOP

色の意味と色彩象徴につきまして

【色の意味】

履修生の皆さまは、

「ポジティブ」=「バランス」、「ネガティブ」=「OVERネガティブ」(ゆえに補色を勧める)

でお考えください。

【色彩象徴】

こちらに記載しているのは、当校の

カラーセラピスト勉強会「シンボリズム」講座

補足&まとめです。色彩象徴の世界は多種多様に展開いたしますが、カラーセラピーに関連しやすい象徴を主に紹介しております。(2012年開講)

未受講の方にはやや不親切な記述になっております旨、ご了承下さい。

カラーセラピスト「色の意味を深める」勉強会

カラーセラピスト勉強会

 

こちらのページは、当校で開催中のカラーセラピスト勉強会「色の意味を深める」講座の一部情報となります。 他校履修生の方も歓迎しております。 

カラーセラピーカウンセリング

カラーセラピーカウンセリング

 

正規カラーセラピーカウンセリングを受けたい方はこちらをご確認ください。

・60分:5,000円

(当校履修生:4,000円) 

ご来校に関するFAQ

当校のFAQ 

 

開講日や資格取得についてのご質問、無料or有料説明会などのご案内はこちらをご確認ください。

 


2015年

11月

01日

カラーセラピーピンクの意味 |2015年メルマガ

ピンク色が足りない時の心理的意味

今月はピンクです。

※「足りないから欲している時」~ピンクのUNDER時でお考えください。


心の通った優しい人間関係を育てられなかったり、 自分にとって美しく快適な環境から遠ざかってしまったりしている時、 …簡単に言えば、心がギスギスしていたり、頑張り過ぎてしまっている時… 「優しさ」「甘やかな」「愛情」などを意味するピンクに惹かれます。


現実からやや遠いピンクは、「心の余裕(ハートのスペース)」を意味します。

ピンクは非常に「感受性」が強く「審美眼」の高い色。 誰かと優しい関係を築いたり、大好きなものに囲まれた環境に身を置くだけで ハートに滋養が得られ、心の余裕を取り戻せます。


人間関係や仕事上の立場などの現実で削られたハートを再び再生させるための、 「愛」や「優しさ」、「美しいモノ」「可愛いモノ」の色なのです。


しかし、ピンクに隠れたレッドは「目の前の現実を打開し進む」色。

ちょっと寄り道をしてピンクの滋養を得る事より、「今すべき事」を選ぶ色でもあります。

「この仕事さえ終われば…」「いつかはゆっくりできるはず」

そう言い聞かせて走り続けているある日、ふとピンクが気に掛かったら、 もしかして足を止め「ゆったりとした優しい気持ち」を補給する時期かもしれません。


また、人との関係の中で受け取れる助言やサポートを受け入れる… 狭まってしまった視野を広げる為に、あえて「甘える」ことも大切です。

ピンクは、本来持っているはずの「大らかさ」「細やかな女性的気遣い」を発揮できず、 人に優しく出来ない自分自身に対しても苛立ちを覚える色なのです。


大らかな愛情や優しさ、細やかな心配り。 そしてそれらをキープさせる、人との心の交流や審美眼を満たすものたち。 そのどちらもピンクがピンクであるため(自分自身を自分で愛する為)にも必要不可欠なものなのです。



メルマガCOLOUR通信vol69/2015年11月1日配信済み